保険料の控除について

保険の契約した年について

学資保険は生命保険控除の対象

学資保険は生保を払っている場合に受けられる控除の対象になります。ですから節税するためにも、ぜひサラリーマンのかたは年末調整の時に自営業の方は確定申告の時に書類をそろえて申告しましょう。住民税と所得税の税金が安くなります。学資保険はお子様の将来の教育費の準備だけでなく、病気や怪我にも対応した生命保険の機能も兼ね備えています。2011年(平成23年)12月31日までに契約された生保と2012年(平成24年)1月1日以降に契約された生保では、生保の控除が変わります。住民税と所得税が控除されるのには変わりありませんから活用して節税に役立てください。

知らなかった!意外な節税効果

子どもの将来の教育費のために入ることの多い学資保険には、節税効果があるのでしょうか。その答えは、イエスです。控除に含まれるのです。そのため、2011年12月31日までに契約したものは、最大で所得税なら5万円、住民税は3万5千円の控除が受けられます。2012年1月1日以降に契約したものでは、最大で所得税は4万円、住民税なら2万8千円の控除となります。控除は確定申告か年末調整で行うことが出来ます。節税効果もあるし、これから育つ子どもの学費の準備や未来のためにも、保険は入っておくと良いかもしれません。

お知らせ

2016-05-06 保険は定期的に相談が追加されました。
2013-03-27 がん保険と先進医療が追加されました。
2013-03-14 入院保険の期間とはが追加されました。
2013-03-13 未来に備える保険が追加されました。
2013-03-13 保険を比較検討するが追加されました。

子どものための保険の情報

Copyright 保険の契約した年について All rights reserved.